理念


私たち「さんだん會計事務所」は、“経営者の求めるもの”のために働きます。

そもそも、「企業」のためではなく「人」のために働きたいのです。

経営者が求めるものが、自らの資産形成であればそれを中心にアドバイスをし、対応をさせていただきます。

経営者が求めることが、事業の拡大であれば、何をもって拡大かを理解し、指摘と提案を行います。

経営者が求めることが、雇用の維持であり、従業員の所得拡大であれば、そのための対策を立案します。

姿勢


私たちは企業財務、会計、税務に関する専門知識をもとに、集計した財務数値の報告、分析に加え、“提案”を行っていきます。

経営者からのヒアリングより会社の財務情報を得て、税金の計算をするだけでは非常にもったいない事です。

私たちは“提案”をしていくことが顧問税理士としての本分であると考え、「提案型」会計事務所としての評価をいただいています。

このような姿勢は、事務所名に算段(する)という語を使用していること、またコーポレートマークが【会計→税務→企業財務】【報告→分析→提案】という三段(階)の意を表していることからも当社の基本スタンスとなっています。

※『さんだん』という言葉には「顧客様と、それをささえる弊事務所と、さらには社会全体の三層が上昇する事に貢献できますように」という思いも込められています。