リクルート

こんな条件なので、おかげさまで人気の職場です。

現在欠員募集はありませんが、能力のある人は募集しています。
能力があるかどうかはともかく一度お問い合わせください。


〇この仕事の面白さやりがい


私たちの仕事は、専門知識とそのスキルを活かし、自分の担当する企業の成長に助言指導することであり、企業の抱える問題を軽減もしくは取り払うことにあります。

まさに日本の中小企業をサポートする仕事であり、日本、さらには世界経済に専門家として携わることのできる仕事です。

現にあらゆる調査の結果を見るまでもなく、顧問税理士事務所は中小企業の最も信頼できる相談相手として存在しているのもデータ上明らかです。その信頼性の高さは他の業界とは比較になりません。

 

この仕事は企業の生き死にに携わることもあり、その意味で大変シビアな仕事でもあります。

他方、自分の努力次第で企業が大きくなる、新たな産業やサービスを提供できるようになるなど、やりがいは非常に高くなります。

 

税理士事務所は、顧客である中小企業の記帳代行や会計相談、また税務代理などを行いますが、私たちの事務所では、財務分野におけるサービスを広く展開し、他の事務所にはない充実した支援を行っています。

起業支援、資金調達交渉から始まり、補助金申請、DX化支援、もちろん、M&Aの仲介やFAを通し財務DDにも参加します。最近では、事業の組織再編として会社分割、HD化などの支援もしています。またとりわけ私たちの事務所では、事業再生に関する事案につき、弁護士や同業である税理士からの相談を受け対応しています。

これらの支援は多くの同業事務所でも行っているかのように各社のホームページに記載がありますが、その多くが「専門家の紹介」で終わっている事務所であるのに対し、私たち自体がその「専門家」として存在しているのです(経済産業省認定支援機関が参加する協議会において全国TOP100事務所に認定されています)。


〇ビジネススキルの成長


私たちの仕事は、専門職種であり、専門的な知識やスキルが必要です。

当然ですが、専門職ですので、そもそも未経験の素人の方では業務に対応できません。

したがって入社する多くの方が、実務経験を持っているか、基礎的な資格を取得しているか、もしくは入社時よりキャッチアップするためにそれなりの努力をしていただいています。

入社後は、次のスキルアップの機会が用意されています。

  • 毎月の定期的な座学としての社内研修が用意されています。
  • チームでの顧客対応により他のメンバーとの共同作業を通じ、そこで生まれるナレッジやスキルを吸収、共有していけます。
    他の事務所では、いわゆる「○○課」や「Aチーム」など配属されたチームで様々な案件や顧客に対応する体制がとられていますが、私たちの事務所では、案件や顧客ごとにチーム(社内ではユニットと呼んでいます)を組んで対応します。従って、様々なメンバーと一緒に仕事をすることになります。
  • 会計チームとコンサルチームが混在して業務にあたるため、見識ややりがいがが高まります。
    会計やコンサル(コンサルにも様々な分野がある)といった専門家同士が協働することで、様々な新しい知見や問題へのソリューション提案の幅が広がります。

また私たちの事務所には、このような顧客と直接対応する部門以外に、社内のデジタル化やオペレーションのシステム化を担当する部署が総務部以外に存在し、所属メンバーは、これら専門職環境におけるそれらの知識を大幅に吸収することができます。

 

なお、メンタルサポートとして、新入社員には3か月間メンターがべったり張り付き、毎週事務所の代表者との個別面談が行われます。また進捗状況に応じてこれは1年間継続します(メンター解除後もTOP面談は1年間毎月実施)。


〇報酬


金銭的な報酬としては、毎年の昇給を原則とする基本給、能力に応じて支給される職能給、役職に応じて役職給が支給されます。

転職の方は、必ずではありませんが、その給与額が同じか上がるように設定させていただこうと思っています。

また奨励金制度が存在し、会計部門のメンバーであれば、顧客から私たちとの顧問契約を希望する顧客を紹介された場合は、その新顧客の顧問報酬の6か月分はそのメンバーに奨励金として支給されます。またコンサル部門のメンバーであれば、一定の売上高以上の売り上げは会社と担当メンバーで折半されます。

ただし、奨励金制度があると言っても、顧客の確保(いわゆる営業、クロージング行為など)のノルマなどは営業担当者以外にはありません。

 

また私たちの事務所は時間や自由という報酬も用意しています。

  • 土日平日関係なく好きな日に休んだり出勤したりしてOKです
    事前申請不要!休日の日数制限なし!
    (※毎月21日から翌月20日までの間で土日祝日を除いた日数×8時間の勤務が必要です)
  • 遅刻・早退・中抜け OKです
    勤務時間は午前5:00から深夜22:00までの好きな時間に勤務してください。
    (※事前申請不要 その場のテンションで決めてください)
  • 有給休暇消化率100%を実行しています
    (※自社オリジナル勤怠管理ソフトにより強制的に休暇を取得することになります)
  • 服装は自由です
    (※華美な服装でもOK、常識の範囲「外」の服装OKです)
  • 勤務場所の選択も自由です
    (※自宅、スタバ、ワーケーション、ちなみに事務所内はフリーアドレスです)

〇仲間


私たちの社内は半数以上が女性です。
年齢は全体として20代から50代までいます。

私たちの事務所には自分たちにあった働き方をしながら、本気で中小企業を支える気持ちのメンバーが集まっています。

出身は、同業他社、ヒューマンリソース関係、税務署、金融機関、営業マンなど様々です。

 

また私たちの仕事には、他のアライアンスパートナーとの密なやりとりも生まれます。弁護士、社労士、司法書士、行政書士などはもちろん、その他私たち財務分野のみでは対応できない部分について、様々な専門家と協働するため接点ができます。

 

多くの専門家との出会いとコネクションは自らの人生を豊かにしてくれます。

なお、社内のハラスメントについては徹底した排除が基本です。事務室には24時間カメラで録画がされ抑止効果を高める措置もとられています。


〇社長からメッセージ


私たちは、非常に重要な使命を持っています。

それは「企業をつぶさない」というものです。

そしてそれができる、愛知県でも数少ない専門的知識を備えた高度な集団でありたいのです。

またそれと同時に、私たち個々は自由でいたいのです。

そのためにDXをはじめ決して恐れず様々な合理化を進めていく、そんな事務所でありたいと思っています。

 

経験者は幹部候補スタッフ、未経験者で対応力の高い人はまずはミドルスタッフとして活躍してほしいと思います。

税理士・公認会計士ホルダーはグループ内で独立し、営業はグループに任せ税理士業務に専念するもよし、もちろん社内で幹部スタッフとして活躍していただければ嬉しいです。



私たち『さんだん會計事務所』は、社内目標として“休める会社の創造”(2018年宣言)を最大の目標にしています。

ここでいう“休める”というのは、突然の休暇などだけではなく、計画的に長期の休みが取れるという意味も含んでいます。

そのために①付加価値業務の拡大 と②非属人化 を推進しています。


 

①付加価値業務

他の事務所で対応できない案件であれば、お客様は私たちの進捗計画に協力してくださいます。

この付加価値業務は会計、税務を一通りできるだけでは達成できません。また会計税務を一通りできなくては達成できないものでもありません。ご自身の経験を活かして付加価値サービスとして形成できればいいのです。

また、当社ではこれらをツール化していますので、一定の力量で対応できます。ただ専門家として勉強する姿勢は不断に続きますので、それは肝に銘じてください。

 

②非属人化

当社ではOST(入力スタッフ)、BST(内勤監査スタッフ)、AST(外勤スタッフ)と業務を分担化しています。これによって複数担当制となり、カバーできる体制を作っています。

さらにOSTについては、自社オリジナルのソフトウエアを開発導入し、オペレーション管理し、AIの導入を積極的に推進しています。これにより誰がやってもできるという仕組みを構築してカバー率を高めています。


これら①②はまだ道半ばですが、今後の働き方(休める会社)に共感できるか方がいらっしゃれば伴に働いていただきたいと思います。


採用担当:高橋

電話(代表):052 846 5667

e-mail:info@sandan.co.jp